まんが☆天国 TOP > まんがのチカラ >  『まんがのこれから』 その1

『まんがのこれから』 その1

まんが☆天国がこの11月3日「まんがの日」をもって、めでたく3年目を迎えます! そこで今月は、それを記念するスペシャルコンテンツとして「まんがのこれから」を掲載。手塚治虫先生の登場で始まった「近代まんが」がこの先どうなるのか、その答えを「新世代まんが」の最先端にいる皆さんにインタビューしつつ見極めます!!

『まんがのこれから』 その2>>

これからのまんがはケータイで読む!?

3Gケータイ登場と共に始まった「ケータイまんが」史

白泉社e-コミックス 白泉社e-コミックス

まず、ケータイまんがについて、軽くおさらいしておきましょう。ケータイの画面上でまんがを楽しむ、今で言うところの「ケータイまんが」が登場したのは、2003年末頃。電子書籍サービスの1ジャンルとして始まりました。

契機となったのが、auの「CDMA 1X WIN」を筆頭とする3Gケータイ(第3世代携帯電話)の登場でした。3Gケータイはブロードバンド級の高速データ通信&パケット定額プランに対応していたため、ファイルサイズが大きいまんがデータをケータイでも快適に楽しめるようになったのです。

3Gケータイが普及し始めた2005年夏頃から、まんが業界が一気にケータイまんが配信に本腰を入れ始めます。「白泉社e-コミックス」もその1つ(2005年9月スタート)。今回はこのサイトに立ち上げから携わっている白泉社ライツ事業部メディア企画課の高木義之課長にお話をお伺いしてきました。

高木さん、ケータイまんがって今、どうなっているんですか?

――まず、「白泉社e-コミックス」を始めようと思った理由を教えてください。

takagi0001

高木:3Gケータイが普及し、ケータイへのまんが配信が可能な土壌が整ってきたというのが最大の理由ですね。他社もケータイまんがへの参入を始めていましたし、ここで乗り遅れるわけにはいかないなと考えました。

――実は、その当時の私は「ケータイでまんがなんて流行るわけがない」と思っていたのですが、ふたを開けてみると、驚くほどの大ブームになりましたよね。高木さんは、現在のこの状況を予想していましたか?

高木:これほどの短期間でこれほど市場が大きくなるとは思いませんでしたね。ただ生活の中心に携帯電話がある、いわゆる"ケータイ世代"がどんどん拡がっていましたから、いつかこういう時代が来るのではないかということは予感していましたよ。

――当時のケータイまんがは、各出版社がケータイまんがを専門に取り扱っているサービス会社(ケータイまんが書店)に作品を提供するというかたちが主だったと思います。しかし、白泉社は自社でサービスを立ち上げましたよね。これにはなにか狙いがあったんですか?

高木:作品のクオリティに責任を持ちたかったんですよ。白泉社は緻密な絵の少女まんが作品が多いので、どうしても絵柄の再現性がとても重要になります。ケータイ画面で満足できる品質を保つためには、自社サイトを持つしかないと考えたんですね。ですから、ケータイの画面で再現不可能な作品は、今の時点ではあえてケータイまんが化しないということもあります。

――なるほど。こだわりを貫くために自社でサービスを立ち上げたんですね。ちなみに、絵の美しさの再現以外にこだわっている点がありましたら教えてください。

takagi0002

高木:コマの運びや拡大率、セリフの読ませ方など、すべてです。読者が、雑誌やコミックスでまんがを読んでもらった時と同じように感動してくださるよう、 配慮を重ねつつ進めています。

――読者の反応はいかがですか?

高木:��ンケートを取っているわけではないのですが、売れ行きを見ると、まず第一話を買ってくだすった読者のかたがその日の内に続きをどんどん買ってくださるなど、短時間の暇つぶしではなく、本格的な読み込み用として利用されている方が多いことが分かります。それに、読みたいと思った時に、続きがいつでも、どこにいても手に入れられるというのも喜ばれているようです。

――それは、まんがの読者が紙の単行本からケータイに移行しているということですか?

高木:いや、それがどうも違うようなんですよ。ケータイの読者と、紙の読者はまったく別のようなんです。なぜなら、どんなにケータイまんがが売れても紙の単行本の売れ行きとは関係がない。

「ゲーム」や「占い」と同じように、ケータイのユーザーがケータイでできる遊びの1つとして「まんが」を選んでいるようなんですね。ですので、新しい市場に移行したというより、これまでになかった市場が新しく生まれたという感じです。

――それはまんが業界にとって朗報ですね!! ちなみにケータイまんがではどういった作品が人気なんですか?

高木:基本的には紙の単行本の人気とほとんど同じですよ。紙で人気の作品はやっぱりケータイでも人気が高い。ただ、どのサイトでも同じだと思いますが、傾向としては、ややエッチな作品の人気が高いです。

白泉社 e-コミックス オススメ3作品はコレ!!

ふたりエッチ スキップビート! 彼氏彼女の事情
『ふたりエッチ』 『スキップビート!』 『彼氏彼女の事情』

高木:ベスト3ではないですが、『ふたりエッチ』『スキップ・ビート!』『彼氏彼女の事情』など、やはり単行本でのビッグヒット作品が上位に来ます。 それとアニメ化やドラマ化など、映像化ですね。映像化が決定すると、その直後くらいからアクセスがとても伸びます。テレビや新聞で情報を得て、手っ取り早く原作を読みたいと思った時にケータイまんがが最適なんでしょうね。

――なるほど。まんが原作のドラマにお気に入りのタレントさんが出演すると聞いたファンが、まずその原作をチェックするという気持ちはすごく分かりますね。  ちなみにケータイ配信に対して、まんが家の先生はどういった反応を示されているんでしょうか?

takagi0003

高木:好意的に受け取ってもらえていると思います。先生がたの中には、自分の作品をケータイでもっと配信して欲しいという方もいらっしゃいます。

――読者にとっても、作者にとっても、ケータイまんがは歓迎すべき革命ということですね。ということは、やっぱり将来的にはケータイまんがが主流になっていくということでしょうか?

高木:それは分かりません。さっきも言いましたが、紙の単行本の読者と、ケータイまんがの読者とは、まったく別のようですから。ただ、今の若い人たちや、これからの子どもたちにとっては、ケータイの画面がより身近な存在になってくることも考えられます。そして、そうである以上、今後、ますますケータイまんがの市場が拡大していく可能性はあるのではないかと思います。  ただし、1つだけハッキリ言えることがあります。それは、本当に面白いまんがは紙で読んでも、ケータイで読んでも面白いと言うことです。未来のまんががどうなるかは断言できませんが、それだけは断言できますよ。

イチオシケータイまんがサイトリンク集
まんてんがオススメする珠玉のケータイまんがサイトはココ!!

白泉社e-コミックス

【白泉社e-コミックス】

  • ■NTTドコモ
    メニューリスト > コミック/書籍 > コミック > 白泉社e-コミックス
  • ■au
    トップメニュー > カテゴリで探す > 電子書籍・コミック・写真集 > コミック > 白泉社e-コミックス
  • ■ソフトバンク
    メニューリスト > 書籍・コミック・写真集 > 電子コミック > 白泉社e-コミックス

コミック小学館ブックス

【コミック小学館ブックス】

  • ■NTTドコモ
    メニューリスト > コミック/書籍 > コミック > コミック小学館ブックス
  • ■au
    トップメニュー > カテゴリで探す > 電子書籍・コミック・写真集 > コミック > コミック小学館ブックス
  • ■ソフトバンク
    メニューリスト > 書籍・コミック・写真集 > 電子コミック > コミック小学館ブックス

講談社コミックプラス

【講談社コミックプラス】

  • ■NTTドコモ
    メニューリスト > コミック/書籍 > コミック > 講談社コミックプラス
  • ■au
    トップメニュー > カテゴリで探す > 電子書籍・コミック・写真集 > コミック > 講談社コミックプラス
  • ■ソフトバンク
    メニューリスト > 書籍・コミック・写真集 > 電子コミック > 講談社コミックプラス

集英社マンガカプセル

【集英社マンガカプセル】

  • ■NTTドコモ
    メニューリスト > コミック/書籍 > コミック > 集英社マンガカプセル
  • ■au
    トップメニュー > カテゴリで探す > 電子書籍・コミック・写真集 > コミック > 集英社マンガカプセル
  • ■ソフトバンク
    メニューリスト > 書籍・コミック・写真集 > 電子コミック > 集英社マンガカプセル

次回予告
次回の「まんがのこれから」は、ケータイまんがのその先について。紙の雑誌、単行本という枠を飛び越えてケータイの世界へと進出したまんがが、さらに多くのメディアへと拡大していくというお話を、講談社「MiChao!」編集部にお伺いしてきました。え? これからは、こんなものでもまんがが読めるようになるんですか?? 第2回「これからのまんがは○○○で読む!?」は11月10日(月)掲載予定。乞うご期待!!

2008年11月03日