まんが☆天国 TOP >  まんてんレコメンド

まんてんレコメンド

第8回 『2009年夏ドラマもまんがが熱い!! 注目作品の原作を読もう!!』

第8回 『2009年夏ドラマもまんがが熱い!! 注目作品の原作を読もう!!』

『アイシテル -海容-』(伊藤実先生)が最高視聴率18.6%を記録するなど、好調だったまんが原作の春ドラマ。6月一杯でほとんどの作品が完結し、今月からはまた新たなまんが原作ドラマがスタートします。

2009年07月03日

第7回 『もう観た!? 春のまんが原作新作アニメに注目!!』

第7回 『もう観た!? 春のまんが原作新作アニメに注目!!』

芯まで冷える冬の寒さも終わりを告げ、ぽかぽか陽気の春がやってきました。咲きそうで咲かなかった桜の花も満開......はとっくにすぎて、もはや葉桜ですね。でも、まだまだお花見シーズンは続くようです(桜は関係ないのかも?)。皆さんもうお花見は楽しまれましたか?

2009年04月16日

第6回 『週刊少年ジャンプは2009年も絶好調!!』

第6回 『週刊少年ジャンプは2009年も絶好調!!』

昨年40周年を迎え、ますます好調な週刊少年ジャンプ。もちろん今年も昨年以上のパワーで我々を楽しませてくれることでしょう。中でも看板作品の1つである『NARUTO―ナルト―』は今年で連載10周年。人柱力と尾獣を巡る暁との戦いがクライマックスを迎え、ストーリー的にも大きな盛り上がりを見せてくれそうです。

2009年01月31日

第5回 『海外でも大人気のジャパニーズ「MANGA」!!』

第5回 『海外でも大人気のジャパニーズ「MANGA」!!』

今、世界中で「日本」ブームが起きています。アメリカでは日本文化のかっこよさを称える「Japan Cool」なんて言葉が生まれているほど。日本料理や日本のアーティスト(PUFFYが海外でアニメの主人公になっていると言ったら、皆さん信じますか?)が世界中で高い評価を集めているんです。

2008年11月03日

第4回 『心ふるえる名作まんがが、この9月に一挙映画化!!』

第4回 『心ふるえる名作まんがが、この9月に一挙映画化!!』

8月に公開された『20世紀少年』(浦沢直樹/小学館)や『デトロイト・メタル・シティ』(若杉公徳/白泉社)などを筆頭に、今年の夏もまんが原作映画がずらり。皆さんもうご覧になりましたか?

2008年09月10日

第3回 『まんがで楽しむ北京五輪。これで感情移入度UP!?』

第3回 『まんがで楽しむ北京五輪。これで感情移入度UP!?』

いよいよ中国・北京での開幕が迫った、4年に1度の世界的スポーツイベント「五輪」。夏休みはテレビにかじりついて五輪三昧の予定という人も多いのでは? そこで今回は、そんな五輪イヤーをさらに盛り上げるスポーツまんがをご紹介。テニス、バレー、バドミントンなど、五輪の公式競技に、もっと感情移入できるようになる作品をピックアップしました。

2008年07月25日

第2回 『この夏ドラマ化される傑作まんがを一足早く予習しよう!!』

第2回 『この夏ドラマ化される傑作まんがを一足早く予習しよう!!』

今、まんが原作ドラマが大ブーム!......なんて言うと笑われちゃうでしょうか?(今さら?)。でも、5年前は、1クールあたり2~3本だったまんが原作ドラマが、ここ数年は、倍以上、場合によってはそれ以上に増えているんです。これって本当にすごいことですよね。まんがの「物語」が他のジャンルのクリエイターに注目されているってことですから。

2008年06月27日

第1回 『三田紀房先生作品から「仕事」の

第1回 『三田紀房先生作品から「仕事」の"今"を学ぼう!!』

一時期と比べて良くなったとはいえ相変わらず厳しい新就職戦線、10年、20年前とは比べものにならないほど拡大した転職市場、そして起業ブーム。私たちの「仕事」を取り巻く"状況"、そして"常識"は、恐るべき速度で変化し続けています。

2008年05月09日