まんが☆天国 TOP > まんてんレコメンド >  第2回 『この夏ドラマ化される傑作まんがを一足早く予習しよう!!』

まんてんレコメンド

第2回 『この夏ドラマ化される傑作まんがを一足早く予習しよう!!』

今、まんが原作ドラマが大ブーム!......なんて言うと笑われちゃうでしょうか?(今さら?)。でも、5年前は、1クールあたり2~3本だったまんが原作ドラマが、ここ数年は、倍以上、場合によってはそれ以上に増えているんです。これって本当にすごいことですよね。まんがの「物語」が他のジャンルのクリエイターに注目されているってことですから。

もちろん、2008年第3クール(7~9月期)のテレビドラマも、まんが原作作品が目白押し。現在人気連載中のあの作品から、「えっ! あの作品が?」という往年の名作まで、多くの傑作まんがを原作にしたドラマが数多くスタートする見込みです。

というわけで今回は、そんな2008年夏ドラマの原作まんがを一足早くご紹介。ドラマが始まるのはもう少し先なので、その前に原作を予習しておきましょう。原作まんがを読んで、「自分だったらこんな風にドラマ化する」なーんて思いをはせてみるのも、きっと楽しいですよ!!

『あんどーなつ 江戸和菓子職人物語』
(西ゆうじ・テリー山本/小学館)

あんどーなつ 江戸和菓子職人物語

"五感で味わう芸術"の和菓子と、奈津は日々、泣き、笑い、苦しみながら格闘し、一人前への階段を上がっていきます。 西ゆうじ、テリー山本により、極上に紡がれた和菓子職人物語が、あなたに幸せな気持ちを届けます!

小学館 宣伝担当
小関顕さん

【作品紹介】

洋菓子職人を目指して修行していた安藤奈津(あんどうなつ=あんどーなつ)が、ひょんなきっかけから老舗和菓子店「満月堂」で和菓子職人を目指すことに。下町を舞台にした心温まる、そして時々泣かせる人情ドラマはもちろん、作中で紹介される和菓子知識もためになる作品です。

テレビドラマは、7月7日(月)より、TBS系「ナショナル劇場」枠(毎週月曜20時~)で放送開始。時代劇が多い「ナショナル劇場」に、女性が主役の現代劇は実に39年ぶり。安藤奈津役には、NHKの連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家を目指す主人公を演じた貫地谷しほりさんを起用。梅さん役に國村隼さん、女将さん役に風吹ジュンさんなど、実力派で固められた助演陣も要注目です!

●ドラマ公式ウェブサイト:
http://www.tbs.co.jp/ando-natsu/

『シバトラ』(安藤夕馬・朝基まさし/講談社)

シバトラ
  • 安藤夕馬・朝基まさし
  • 講談社 既刊6巻
  • 定価 420円(税込)
  • 『週刊少年マガジン』にて連載中
  • 最新第7巻 7月17日発売予定

テーマは「信じる!」
少年たちと向き合い「どこまでも信じる」ことで少年犯罪を解決しようとする、正義感溢れる少年係刑事の物語です。ドラマで主人公を演じる小池徹平さんは顔もそっくりでハマリ役!
笑えて、泣けて、熱くなりたい方、必読ですよ!!

講談社 コミック宣伝部
北岡森生さん

【作品紹介】

見た目はまるで中学生の超童顔、でも本当は22歳の新米警察官、柴田竹虎(しばたたけとら=シバトラ)は、過去の"ある事件"以来、死に引き込まれそうになっている人が分かるという特殊能力を持つ。この能力をきっかけに、さまざまな凶悪事件に関わるようになった彼が、持ち前の強い正義感と、なにより「信じる心」で、不幸にも事件に巻き込まれてしまった少年・少女を全力で救い出す!

テレビドラマ『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』は、7月8日(火)よりフジテレビ系にて放映開始(毎週火曜21時~)。柴田竹虎役は、初の連続ドラマ主演となる小池徹平さん(本当にそっくり!!)。ヒロインの宝生美月役には「セクシーボイスアンドロボ」で名を上げた大後寿々花さんが起用されています。また、スペシャルゲス��として、原作ファンを自認する今田耕司さんが出演するという噂も?

●ドラマ公式ウェブサイト:
http://www.fujitv.co.jp/shibatora/

『ここはグリーン・ウッド』(那州雪絵/白泉社)

80年代後半~90年代初頭、「花とゆめ」連載→イメージアルバム→OVAと大いに盛り上がり、少女まんがファンのパワーを実感させられた作品です。キャラクターの会話に現れる作者のセンスが抜群で、今読んでも少しも色あせていません!

白泉社 コミックス編集部
前田太郎さん

【作品紹介】

名門男子高校、私立緑都学園に入学した蓮川一也が、持ち前の"不幸さ"からさまざまなトラブルに巻き込まれていくという学園コメディ。片思いの女性が兄と結婚してしまったことから飛び込んだ学生寮「緑林寮(りょくりんりょう)グリーン・ウッド)」が主な舞台。1つ屋根の下に集う、クセ者揃いの仲間たちとの楽しい日常が、多くの中高生から支持されました。男性のファンが多いことでも有名ですね。

テレビドラマ『ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~』は、7月よりTOKYO MX、tvk(テレビ神奈川)、テレ玉(テレビ埼玉)ほか全国11局で放送開始(放送時刻は公式ウェブサイトでチェック!)。主演の蓮川一也役は、キャラクターと同じ弱冠15歳の井澤勇貴さん。そのほか、如月瞬役の鈴木拡樹さん(まさに乙女のハマり役です!)、池田光流役の三浦力さん、手塚忍役の佐藤雄一さんら、イケメン俳優がキラ星のごとく集う、期待を裏切らない内容に仕上がっていますよ。

●ドラマ公式ウェブサイト:
http://www.greenwood-tv.com/

とびこみレコメンド

『花より男子』(神尾葉子/集英社)

花より男子
【作品紹介】

日本一売れた少女まんが『花より男子』(神尾葉子先生)がこの夏、再び映画化!!(『花より男子~ファイナル~』 6月28日より全国ロードショー中) そして、まさかの最新刊37巻も発売中。原作完結から1年後を描いた特別編&花沢類のスピンオフ作品を収録。どちらもファンなら見逃せませんよ!?

『なかなか素直になれない恋―。お金持ちで顔がよい人もそんな風に悩むんだ、って知ってなんだか安心! だから、お金持ちでなく、顔がよい人でない僕が悩んだって、何の問題もなし!? とにかくみんな読んで、そして観て下さい』(集英社雑誌宣伝第一課:荒木良治さん)

●映画公式サイト:
http://www.hanadan-final.jp/

2008年06月27日