まんが☆天国 TOP >  過去のまんてんセレクション(高橋美里)

★現在の「まんてんセレクション」(木村カナ)はこちらから>>

過去のまんてんセレクション(高橋美里)

第14回 『ご主人様と甘いお菓子はいかがでしょうか。』

第14回 『ご主人様と甘いお菓子はいかがでしょうか。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  街路樹も未だ色づかない東京ですが、空気の冷たさはもうすっかり秋模様ですね。  こんにちは、高橋です。油断して風邪をひきました。

2007年11月07日

第13回 『秋に読むならオノ・ナツメ』

第13回 『秋に読むならオノ・ナツメ』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  残暑もやっと行き過ぎ、雲模様も空の色も秋めいてきました。  こんにちは、高橋です。

2007年10月22日

第12回 『海のにお���のするところ。』

第12回 『海のにおいのするところ。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  9月に入り、新学期が始まりました。  夏休みも終わりを告げたと言うのに、未練たっぷりに残った暑さにはグッタリしてしまいますね。 こんにちは、高橋です。  今回は、海のにおいに溢れた作品をご紹介しましょう。

2007年09月05日

第11回 『夏といえば、の風物詩』

第11回 『夏といえば、の風物詩』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  気がつくと、学生はテスト休み、子どもたちはそろそろ午前授業......。売り場に立っていると、お客様の活動時間帯で夏を知ります。 こんにちは、高橋です。7月になりました!

2007年07月30日

第10回 『雨から始まることもある』

第10回 『雨から始まることもある』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  6月に入って雨の天気予報が多くなってきました。こんにちは、高橋です。  雨が降ると「本が濡れる!」という心配ばかりで、本の防水対策(ビニールに入れたり)をしっかりして出勤するのですが、うっかり自分の傘を忘れます。

2007年07月06日

第9回 『父と娘、そんなビミョウな関係。』

第9回 『父と娘、そんなビミョウな関係。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  緑がまぶしくて、日差しもあたたかくて、春と夏の狭間の素敵な季節になりましたね。  雨が降ると本を買って帰るには向かないので、少しでも長くこの季節が続くといいな、と 思ったりしています。  こんにちは、高橋です。

2007年05月23日

第8回 『黒の似合う男の話。』

第8回 『黒の似合う男の話。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  こんにちは、高橋です。  桜の花も終わり、新緑が美しい今日この頃ですが、みなさま春を満喫してらっしゃいますか?  さて、青空も爽やかな季節だというのに、今回は漆黒を纏う男のまんがを2作品ご紹介します。

2007年04月24日

第7回 『優れたエンタは人を生かす、と言う人がいる。』

第7回 『優れたエンタは人を生かす、と言う人がいる。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  こんにちは、高橋です。  3月になってしまいました。今月はちょっとウキウキとしています。花粉まみれの多摩ですがこんな気分なのは久しぶりです。  それはなぜかと言いますと!

2007年03月22日

第6回 『心当たりはありますか。』

第6回 『心当たりはありますか。』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店) 本屋大賞の2次投票締め切りが目前でちょっと焦っています。 こんにちは、高橋です。 「こういうのきっと面白いんじゃない?」と、先日友人に勧められた本があります。今回はその作品、『となりの801ちゃん』(小島アジコ・宙出版)からご紹介します。

2007年02月16日

第5回 『懐かしい学び舎はどこですか?』

第5回 『懐かしい学び舎はどこですか?』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店) 冬休みを遅ればせながら消化中に、悲しいかな今流行りのノロにかかりました...こんにちは、高橋です。

2007年02月09日

第4回 『人に言えないけれど、実は私』

第4回 『人に言えないけれど、実は私』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店)  人に言えないけれど、実は私・・・ってことありますよね。まずは、そんな悩める女子のお話『つぶらら』(双葉社)を。

2007年01月26日

第3回 『一年の計は元旦にあり』

第3回 『一年の計は元旦にあり』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店) 一年の計は元旦にあり、といいます。 今年も今まで以上に本に携わる仕事にまい進していきたいと思いますので、みなさまよろしくお願いします。思えば小さい頃からの夢だった、本の仕事。好きなことを仕事に出来ているのは、とても幸せなことだな、と思うこの頃です。

2007年01月10日

第2回 『想いの強さは比較級では語れない、けれど』

第2回 『想いの強さは比較級では語れない、けれど』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店) 高橋です。私は今、この文章を本能と衝動で書いています。 読み終えたばかりのこの感動を少しでも早く書いておきたいと思ったからです。 そんな"いてもたってもいられなくなった"一冊、谷川史子の短編集『積極-愛のうた』(集 英社)を紹介します。

2006年12月01日

第1回 『等身大の幸せとドキドキ』

第1回 『等身大の幸せとドキドキ』

高橋美里さん(ときわ書房 聖蹟桜ヶ丘店) はじめまして。ときわ書房の高橋です。まんがを愛してやまない、町の本屋さんです。 このコラムを始めるにあたって、自分のまんが遍歴をさかのぼってみました。過去への旅でたどり着いた、私を変えてしまった一冊を一番初めに。

2006年11月03日